ミッ!

2010年11月23日 23:35

どうなんだろうな~……エンジです。

ミッ!


『で? どうなんですか? 落とせたんですか? 意中の彼女は』


(゚∀゚)はい!

はい! 早速、オタクっ娘を、はい!

マリロワでホワイトルートの『浜木綿えびの』を攻略しました。
後藤邑子さんの早口は素晴らしいと思います。

もう、初心忘れないで、浮気もせず!
ま、一人目はそこに行こうかなと。


えびのが最終的にデレデレになると、『ミッ!』って言ってくるのが、ものすごく可愛かったです。

まだ1ルートの1エンディングしか見てませんが……。どうなんだろうな~。
現時点での感想としては、正直微妙ですね。
シナリオが薄いというか、テキストが甘いというか……。
やっぱ一人称でも地の文はいれるべきじゃないかと……。
多分企画の段階でゲーム化はあったんじゃないかなー、メディアワークスだし。
メディアミックスを考えないわけないしさ。
それにしちゃあ、ひどい出来だなって思いました。
あくまで今の感想ですが……。

絵師と声優陣だけに特化してる感じがします。ゲーム性は皆無。申し訳程度のミニゲームがありますが、意味が解らないです。あれだったら、選択肢をもっとふやすとかのが面白いと思いますね。

絵師と声優陣が豪華なので、面白げに見えますが……。

正直12人は多いんじゃないかな~……。
いや、いろいろなニーズに応える為にはコレくらいは必要なのかも知れませんがね。
いっそのこと、全都道府県から一人ずつの総勢47キャラとかのが、面白かったかもしれませんね。
まあ、二人絵師がいるとはいえ、47キャラはかき分けが大変だろうと……。

12人のうち4人が主人公と顔見知りとか。

良くも悪くも、G'sマガジンのゲームだなーって思いました。
センチもそれなりに面白くはあったんですがねー……。
G'sマガジンのゲームで一番面白かったのは『お嬢様特急』だな(笑
あれは面白かった。センチと同じく旅ゲーっぽいんですがね。
なんで『お嬢様』なのか全く解らないですが、企画があかほりさとるですよ。文章力はそれほどないとはおもうけど、企画は面白いと思います。
そして、シナリオは花田十輝。ドラマときメモのシナリオを書いたり、最近ではけいおん!もやってますね。
お、レギオスもやってたんだ。この人の脚本はスキな作品がありますね。

今現在だとあんまりおすすめはできないかな。
絵師と声優陣が気に入っていれば……いや、気に入ってる俺でもわりと……。
プレイ時間的にはそれほどかからないし、お手軽だとは思いますけどね。


オーソドックスなADVだとは思いますが、狙ってないキャラも選択しなくちゃいけないのは面倒ですね。
主人公がただのタラシに見えてきます。
一応、えびのだけ狙っていったんですが、進めていくと、3キャラからなるグループが存在する見たいです。
特にランダムとかいうわけでもなくて、えびのだと音羽と小町がセットになります。

同時攻略大好きーな人はいいですが、俺はピンポイント派なんですよ。
なんで、音羽と小町を思うと胸が痛いですね。


さて、まだほんの5%です。
そう! きっとまだこのゲームの面白さの5%も理解してないってことなんですよ!
ちなみにこの5%はCGです。それにしてもCG少ないなーって思った。
ちまちまコンプリでも目指そうかなって思います。
なんかあいた時間に『あ、ギャルゲやりたくなってきた』的な。


『次は誰いくんですか?』

次はねー……どうしよかなぁ……?

俺、中原麻衣さん好きなんだよなぁ~。

『もう、待ってもうもう。もう、なんかなんか、ごっちゃになってる』

( ゚ω゚)なにが?

はぁー、なんだろ、モノローグが漏れちゃったみたいなこと?

すきなんだよなー。


もうなんていうか、神谷さんの妄想を何度も聞いてますよ(笑
あれほんと面白くてさ、俺もあんな話ししたいなーって! ね! だれか付き合ってよ!



ところでさ、美宇さんと美久さんは攻略できないんですかね?

やっぱぁ、アコガレじゃないですか、メイドとご主人様って……。
たとえば、身分違いに葛藤したりね。
で、主人公←メイドよりも、主人公→メイドのほうがいいですね。
つまり、メイドから主人公へ想いをはせているんじゃなくて、逆の主人公からメイドに想いをはせているみたいシチュエーションがいいわけ。


はい、なんか収集がつかなくなってきたので、ここら辺で逃げます、エンジでした。
アマガミたい。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)