TVアニメ 金色のガッシュベル!!を見てみた。

2011年04月23日 03:09

バオウ・ザケルガ! エンジです。


やっと見終わりましたよ。全150話、3年間放送していたんですね。
それを数ヶ月で見終わるとか……。

時間ねー!! ってこれのせいじゃね? と思わなくもないです。
確かにコレもその一つですね。


原作は既に何回も読み返しているほど大好きな漫画でした。
ただ、話数が長いってんで今まで見てなかったんですが、ふと思い立ち見てしまいました。

TV版の作画は凄いね。ぶっちゃけこれはひどいレベル。ただし、元々原作の絵もそれほど上手いってわけではないのでほぼ違和感ゼロ。原作があの画風だからアニメのあの作画レベルも許せる感じ。
ただ、動きが悪いなーって思いますね。
せっかくのアクション作品なのにちょっと派手さに欠ける。

声優面では中堅や大御所的な人達を多く使っている。
清麿役の櫻井孝宏さんは最初は若干ぎこちなさがあったけど、上手くなっていきましたね。
ただ、鈴芽役の秋谷智子さんがスゲー素人くさい。最後までずっと素人くさい演技でした。声も好みじゃないし(マテ
アニメ版では出番が多くなったため、ちょっとウザイくらいに出てきたりします。

キャストを見ると、ホントスゲーよ。知ってる人ばっかだもん。
ちなみに登場するキャラクターが多いためか主要キャラ以外は違う役で再登場が多々あるのでじゃっかんの混乱が起きました。俺の中でね。

最初は知らなかったんですが……。
緑川光さんが出てます!
びっくりですよ!
初登場で『ザケル』の一言だけで見抜く俺。
ヤベー、かっこよすぎってね。
だってあの声で『ザケル』『ザケルガ』『テオザケル』って言うんだぜ? 声だけでレベルの違いが解ります(ぇ
残念なのは、あまり出番が無かったことですね。
他にも、若本さんとか出てきたり。

俺的にガッシュの声はサンデーCM劇場の摩味さんのが合ってる気がしますね。というのもガッシュを知ったのはそのCM劇場ででしたから。スッゲー前の話なのでなんでガッシュを手に取って購入したのか覚えてません。
いや、でも大谷育江さんもいいんですけどね。『ベリーメロン』『Never Say BOIN BABY』で踊るシーンを見て、不覚にも可愛いと思ってしまった……orz
イヤ別に姫ちゃんのリボンでも可愛かったですけどね。
ただ途中大谷育江さんが体調不良により、吉田小南美さんに変わってしまいそのまま最終回を迎えちゃいました。
もう大谷育江さんで140話も付き合ってきたので、交代は違和感バリバリですね。

ガッシュは踊りを見ると一緒に踊ってしまう性格なので、結構面白いです。アニメではそう言ったシーンが盛りだくさんで、力の入り方が凄い。

上記二つの他に『チチをもげ!』『無敵フォルゴレ』なんかも凄い好きです。

劇中歌の他にOPの三曲『カサブタ』『君にこの声が届きますように』『見えない翼』どれも良い曲です。
現在激はまり中。


全体的に楽しく見ていたんですが、最後がいただけない……。
アニメ版はほぼ打ち切りに近い形で終了。
原作に追いついたってのもあるんでしょうが、オリジナル展開で終演を迎えました。
視聴率も低迷したらしいですしね。
残念です。
ていうか、アニメの最終のオリジナル展開がひどすぎる。一部性格が違うキャラがいます。
最終回を迎えるにあたって子供向け(?)なのかどうか割りませんが、わかりやすい『悪』を作ろうとしたんでしょうかね? 原作ではそれぞれの思いがあっての行動なのに、アニメでは『勧善懲悪』的な感じに納めようとしたんですかね?
終わり方があんまりよろしくないです。もう一つのアニメオリジナルストーリーの異世界編もあんまり。
ストーリー自体はまあまあでコンセプトは悪くない。しかし、ガッシュにブラゴを憎ませる展開はいただけないな。あの展開はおかしすぎる。
アニメオリジナルストーリーが全部悪いわけじゃないけどね。

いや、でもひどいか……。
ゼオンがな~……。あれじゃ完全に悪役ですよ。


さて、TVアニメに引き続き、劇場版も二作続けてみました。
1作目は石版編以降。2作目はファウード編てところですかね?
どちらもさすが劇場版ってことで、作画も動きもクオリティの高いものになってます。
劇場版はやっぱり原作ともTVアニメ版とも違う感じですね。とりあえず作画のクオリティは高いぞ!
ただどちらもガッシュ&清麿以外はおまけ程度の印象を受けました。尺が短いのでしかたないのかもしれませんが、もうちょっとみんなも活躍してほしかったですね。
あと、もうちょっと後日談的な展開が欲しかったところです。
どちらも『え? もう終わりなんだ』的な感じでした。


さて、原作は既に完結してるわけですが、いろいろあったみたいですね。
アニメを見るにあたって検索して始めてしったわけですが……もめ事があったみたいです。
ありがちなといっては失礼ですが、漫画家と編集のいざこざ。
無理な延命処置。
コミック派な俺ですが、なんとなくクリア・ノート編はやる気はなかったんじゃないかなと……。
ファウード編で終了させるつもりじゃなかったのかなと思ったりします。
読者としては長く続くのは楽しみではありますが、無理な延命処置は作品の面白さを損なうのでやめて欲しいところですね。
右手を骨折したからなのか、ちょっと画風が変わりましたよね。



さて、そんなヘビーな議論は他に任せるとして……。


この作品は熱いバトルマンガとして楽しく読ませていただきました。
俺はそれ以外のところにも魅力を感じています。

それは……。


清麿と恵さんのカップリングだ!
原作及びアニメどちらもそれほど描写もなかったので、想像力をかき立てられます。
つか、アニメで気付いたんだけど、恵さんて二つ年上だったんですね。あまりにも清麿が大人すぎて中学生だってことを忘れてました。
姉さん女房なんですね。恵さんもあんまり年上を意識させてませんでしたが。
いやーいいなー、キヨメグは……。萌えますね。
前田愛さんの声も綺麗でいい声です。
有名どころではプリキュア5で水無月かれん役やってたんですね。
そんな声の持ち主が昔……『~りゅん♪』とか言ってたなんて(言ってたのキャラだけどな)
えみりゅんです、えみりゅん。センチメンタルグラフティの永倉えみる役のようです。
ちょっとびっくりですね。

アニメ111話で清麿がボインを見ないことについて『えらい!』と意味の解らないほめ方をしてるのが印象的です。
いや、恵さん。あなたもボインとはいかないけど、結構なスタイルの持ち主ですよね。

そんな感じでキヨメグカプSSをちょっとあさってみたりしてました。
見るとKanonやとらハとはちがい甘甘なSSが多いですね。


さて、ガッシュはまだ恋心を理解していないとのことで、ティオ、コルル……ついでにパティとも友達なんですが……。
あのガッシュが恋心を理解した姿ってのは全く想像出来ないんですが……。
つかどう想像したところで別人だな(ぇ


あと他にカプで気になったのはレイラとアルベールのペア。
レイラ可愛いし、アルベールは格好いいし……。石版編で退場してしまったのは凄く惜しまれます。


他にも書ききれないくらい魅力的なキャラやストーリーです。
凄い面白いマンガです!


ティオ可愛いよ、恵さん可愛いよ。エンジでした。
欲を言えば、そこら辺の描写もしてほしかったな。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)