さくらテイルをやってみた。

2011年05月02日 20:40

とりあえずコンプリしてないけど、もうやることもないだろうと思い書きます、エンジです。

ブランド:Fizz
タイトル:さくらテイル
ジャンル:恋の花咲くサクラ色学園恋愛アドベンチャー(本当かよ?)

攻略したキャラは奄美みかげとリディ・ル・フェーヴルの2キャラのみ。
それ以外はどうにも興味がわかないので……。というよりもみかげとリディのエンディングみてやる気が起きるわけがない。

おっと、最初に言っておく。
このゲームは間違ってもプレイするな!
11050201.jpg
とくにパッチを当てずにプレイすると大変痛い目にあいます。
ちなみに、フリじゃねーから。マジで。


公式HPや体験版(どこまで出来るかわからんけど)の雰囲気に騙されてはいけない!
俺は騙された!orz
いちゃいちゃほのぼのなラブコメ……は隠れ蓑。かなりの理不尽ゲー。Keyとかの泣きゲーとかとは全然違う。
前半ほのぼの中盤いちゃいちゃ(?)そして終盤……ダーク!?
シリアスとかじゃないからダークだからアレ。
一応隠しますか……。
みかげルートがひどい。
もうすぐエンディングかなー的な盛り上がりを見せてから一気にたたき落とされます。ダークに。
え? なにこれ? 意味わかんない。
そして、意味不明のまま説明などなく、終了……。

エンディングを迎えた人は誰もが思うでしょう。『なに、この超展開』
途中の回想とかも結構ハードでダークですがね。


リディも結局、兄の手の平の上で踊らされてただけ? なにそれ? 意味わかんない。
俺としてはあの兄貴を泣かしたいんだけど。


DDS使うと何か違う展開になるのかな? と思ったけど……。スッゲー短いです。
オープニングの場面がデレモードになるんですが、結局差し替えてるだけなので会話の前後のつながりに違和感があったりします。
まあ、いいんですけど。ルート分岐も一応ありますが、あんまりイチャイチャしませんでした。リディはエティがありましたけどね。
おまけ要素的なものとはいえ、ある必要はないかなと。つか、このコンセプトを生かし切れてない。


キャラクター相関図を見ると……嫌なヤツがたくさんいるなー。
筒井さん……あんたやってくれたな……。
桂……おもしろキャラだけど、イラっとくるな。
ジネット……お前……性格悪すぎ。
エドゥアール……お前の罪は万死に値する。
九十九……見た目は凄い好みなんだけど……黒すぎる黒幕。
主人公……たまにイラっとくる。
ルートによって役割は違うと思いますが、サブキャラのほとんどがむかつくっていう凄いゲーム。


そしてみかげルート以上にひどいルートが存在します。
朋乃ルート……は、時間の都合によりダイジェストでお送りします。
やってないからなんとも言えないけど、他のレビューを見るとそんな感じらしいです。
苦情が殺到したのか、修正パッチにて救済措置がとられているようです。


すごいよな~……。今現在公式HP見ても、ただのエロゲにしか見えないもん。
まさかあんな理不尽ゲーだとは……。
キャラクターは可愛いし、コンセプトはいいのに残念です。
ポイントの『恋する乙女は二度変わる』の変化がちと解りづらいかなって思います。
あと同じくポイントの『黒タイツ』と『ニーソ』開発の趣味ですかね? 正直いらない。


さて、プレイすると非常に残念な……というか鬱な気分になるゲームでも、ファンディスクなんてものが出るんですね。
既に発売されてますが、『さくらのしっぽ』ってタイトル。
いや……日本語にしただけなんだが……。
このファンディスクはユーザーのすさんだ心を癒す為の救済措置なんですかね?
公式を見る限りは普通のアフターストーリーなファンディスクに見えるんですが……。落とし穴はあるのかな?(笑

みかげ姉はやっぱり最初のもさもさのが可愛いと思います。
萌えキャラ:みかげ姉、リディ(ドッチも声が最高でした)
最後にも言っておく!
このゲームは間違ってもプレイするな!
興味本位でプレイすると本当に痛い目を見るからな。
プレイは自己責任で。
11050202.jpg
とりあえず、Fizzの作品は二度とやらないと思う。あとはシナリオの小野楽園、五十嵐十六には注意が必要。
みかげ姉だけにかぎって言えば最後の超展開さえ無ければ面白いシナリオといえなくもない。最後のアレが全てを台無しにしてます。エンジでした。
ファンディスクは若干やりたくはあります。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)