氷結鏡界のエデン7 空白洗礼を読んでみた。

2011年08月02日 19:12

久々に小説を読みました、エンジです。

氷結鏡界のエデン7 空白洗礼 (富士見ファンタジア文庫)

新品価格
¥651から
(2011/8/2 19:11時点)



割と時間かかっちゃった。
前巻から間があいてしまったので読み始めは『なんだっけ?』とか思ったのは内緒。

序盤から結構シリアスな印象を受けました。

異篇卿がなんなのか暴きに向かう一行。
待ちかまえる強敵との戦い。
なかなか苦戦を強いられる戦闘。
最初から隠しておけるはずもないと思っていた、シェルティスの秘密が暴かれてしまいます。
それも塔全体に!

とまあ、そんな感じ(ぇ

この巻で好きになったのはヒューイックと黒猫のコンビ。
ひょうひょうとしているヒューイックとクールな黒猫はまさに必見でした。
こういうおっさん好きだなー俺。
TOVでいうところのレイヴンみたいで。

そして我らが主人公の双剣士シェルティスは……正直今回はあまりいいとこ無しでしたね。
さしもの天才双剣士も異篇卿の前では……といったところでしょうか。

異篇卿の方も一癖も二癖もある連中ばかり。
これからが超楽しみですね。

なかなか長いシリーズになりそうだ。

レギオスと並んでファンタジア文庫では一押しの作品です。


ん?

オーフェン、レイフォン、シェルティスと強い主人公が好きですが、この三人には共通点がありました。

それは……。
『エリートからの転落』ですね。

オーフェンは大陸最高峰の黒魔術士の学校『牙の塔』で学年主席をキープ。将来を約束され、さらにエリートが集まる宮廷魔術士に15歳という最年少で上がろうというところで、牙の塔を出奔し、モグリの金貸しとなる。

レイフォンは最強の武芸者が集まるグレンダンで生まれ、最強の武芸者集団である天剣授受者に10歳という最年少でなる。が、その後とある事件を起こしてグレンダンより追放、武芸者をやめる決意をする。

シェルティスは千年獅になるためソフィアを異例のスピードで駆け上がり、順調に錬護士になるが、エデンに落ち魔笛を宿したことにより畏怖され、ソフィアを追放処分。

といった感じですね。
みんな転落したところから物語りが始まってます。オーフェンは若干違うかもしれませんが……。
さて、この中でオーフェン、レギオスはアニメ化されましたが……果たして?
オーフェン、レギオス、エデンの三作品は何れもドラマCDとか出てますね。


ん~、まあ俺としては原作陵辱されなきゃいいけど……。
オーフェンもレギオスも正直アニメは……って感じますけどね。
面白かったは面白かったけど。
完結してない小説のアニメ化は難しいんじゃないかなって思います。

思いつく限りで俺が原作知ってて小説のアニメで成功だと思えるのは『とらドラ!』かなと。
あれは良かったですよホント。ラストは原作とは全く異なっていましたが、『有りだな』って思わせるものでした。

アニメしか知らないけど、スレイヤーズは面白かったですね。原作がどんなか読んだことありませんが。
一巻をちょっとだけ見たことあるけど、擬音ばっかあった気がしますね。


はい、話がソレソレになってしまいましたが。
魅力的な女性キャラがたくさん居る氷結鏡界のエデン。
ヒロインのユミィはもちろんのこと、春蕾、イリス、イーシャと……みんな可愛いですよね。
さすがカスカベアキラ氏です。

その中でもいっとうかわいいのがモニカですね。
そんなわけで、今回のモニカさんは?
11080201.jpg
やべえ、なんだろこの可愛さ。
ヒロインはユミィでしょうけど、同じ部隊だけあって出番が多いです。今回はちょっと少な目ですが。
なんでこんな魅力的なのか今はまだわからないですが……。

さて、いろいろ悪役もいますが……。
数居るキャラの中でどうしてもエリエだけは未だに好きになれない……。出来れば登場しないでくれと……登場すると『うわぁ……』って気分になります。
なんていうか、存在がウザイ。
TOGでいえば、パスカルみたい(ぇ

一巻限りの脇役かと思いきや、準レギュラーというか、結構重要な場面にいたりするので侮れない。


ドラマCDも出てるんですが、買い逃したので買ってません。
ユミィ役は阿澄佳奈さんなんですよねー。
第一巻のドラマCD化なので、モニカが出てこないので残念です。

個人的にシェルティスは保志さん、レオンは置鮎さんだと思ったんだけどな。ちがったぜ……。


今後も氷結鏡界のエデンから目が離せない! エンジでした。
完結……するよな?
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)