シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島を読んでみた。

2011年08月18日 20:26

僕に釣られてみる? ならぬ表紙に釣られてみた。エンジです。

シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島 (ファミ通文庫)




美麗なTony氏の表紙が目印!
ぶっちゃけこの小説の全てです(ぇ

内容的にはいつもの日常を描いたオムニバス風味。パートナーが入れ替わり立ち替わりです。三人出てきます。
恋愛要素とかそういったものはほぼありません。
読んでいると新たに発見する設定があったりします。まあ、俺が見落としてるだけでちゃんとその設定はあったのかもしれませんが……。
ゲーム本編は薄っぺらいのでこの小説を見てちょっと厚みを増して見てはいかがかな?
いかがなものかな?

気になったのは、主人公ってあんな感じだっけ?
なんかちょっと違うような違和感がありました。

読んでいて全体的にふわふわした感じ。
特に盛り上がるところもなければ、沈むところもない。
平坦な……まさに日常って感じかな?

文章力あんまなさそう。読みやすくはあるけど、斜め読みしちゃいますね。
まあ、でも本編がすっかすかなのでしかたないっちゃ、しかたないけど。
この人の作品は、

シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士 (ファミ通文庫)



でも読んでたんですけどね。すごい裏切りを受けた。リューナはそんな娘じゃない!
あくまで個人的な感想ですが、小説版でも恵まれない悲劇の天才絵師Tony氏(涙

誰か!? 頼むから呪いを解いてくれ!
もはや伝説とかそんなんじゃない、呪いだ。
強力な呪いにかかってる……。

何時になったら手放しで喜べる作品と出会えるのでしょうか……。
それでも追いかけてしまうのは、Tony氏の強みですね。

そうだ……。テイルズのキャラデザでもや・ら・な・い・か?
……テイルズが一気にいやらしさアップするな。今でもそれなりにいやらしいのに(ぇ

『気付いてください……。ファンが何をあなたに求めているのかを……』

あ!?
でも、Tony氏が他力で恵まれているものが唯一あった!
フィギュア!

シャイニング・ハーツ マキシマ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)



とか。

初音ミク Tony ver. (1/7スケールPVC塗装済み完成品)



とかな。
クオリティ高し!

はい、さてゲームも終わり、小説も読み終わったことでシャイニング・ハーツは完全に区切りがつきました。
あとは……アートワークスでも出ればイインデスがね。
Tony氏が描くシャイニングシリーズの18禁同人誌でないですかね? イラスト集でもいいです。
まあ、そのままでも十分扇情的なんですけどね。

着エロってやつですか? エンジでした。
やっぱまともなゲームがやりたいです。
追記。

表紙のネリスがもう!

なんだそのけしからん胸は!
トレイに乗ってるじゃないですか!
なにそれ『食べて♪』ってこと?
そんなんされたら食べるに決まってるじゃないか!(暴走中)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)