新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz 敗者たちの栄光②を見てみた。

2011年10月30日 14:32

この漫画……できる! エンジです。

11102902.jpg

新機動戦記ガンダムWのコミカライズ、第二巻。テレビ版のストーリーを元に再構成し、かつテレビでは絡められなかった過去の話をプラスし、さらに機体はEndlessWaltz版のVar.Ka(カトキハジメリデザイン)であるところのアーリータイプ(長!

要するにテレビ版ストーリーをEndlessWaltzの機体でやった漫画。

おそらくガンダムで初めて同一機体なのに2タイプある作品(笑
いろいろ混乱を招いてしまったけど、やっぱり格好いい!

ドッチも好きなんですよね俺。


ちなみに両脇にあるのは……ガンプラ……ではなく。
ロボット魂!塊ではない!(ぇ

英語でいうとROBOTTODAMASHII! DA!(英語違!

ゼロは前から持ってましたが、ウィング(EW)は新たに購入しました。しかも8月くらいに予約で(ぇ
だって限定だよ限定! プレミアムバンダイ限定で予約して購入しました。
あれ? コレもう買えないのかな?
レアですねレア。


それはさておき、こう見るとゼロもウィングもカラーリング以外はほぼ変わらないデザインなんですね。もうちょっと変化が合ってもいいかなって思ったり。デザインする時に、プラモのことを考えてとかなんとかではなかったかと。
カラーリング代えるだけなんで型とか節約できてリーズナブルだね。

ちなみに腕のカートリッジを付けると楯が取り付けられないです、はい。
TV版のウィングはエネルギーの都合でバスターライフルは3発しか打てません。
EW版はおそらくカートリッジ制。でもやっぱり3発。

あ、早々、このウィングは残念ながらバード体型には変形できません。
さすがに変形ギミックは無理だったのか?
やろうと思えば無理矢理できなくもないけどな。


さて、本題の漫画版ガンダムW。

この漫画……できる!
と思ったのは、各ガンダムの追加武装です。

やべーよ、マジ。

コレ見たら打ち震えてしまうよキット。
1巻でヘビーアームズの追加武装が、かなり熱かったですが。それだけにとどまらず。
サンドロック、シェンロン、デスサイズと、みんな追加武装があります。ウィングだけないorz

特にサンドロックは現在二種類の追加武装。これでもう地味ガンダムとは呼ばせないぞ! さすが『カトルさま』
Wの中で一番地味だったよね、サンドロック。カトキハジメのデザインで若干存在感がでたけど、やっぱ地味。
しかし、今回の追加武装で熱く燃えたぎります。MG化もしたし。

5機ガンダムの内まだMG化が正式に決定してないのはヘビーアームズなんだよね。
でも一応10機のガンダム作る意志はあるようなので、内定みたいなもんかな?
まあ、ここまで来てヘビーアームズが出なかったら、『ガンダム5機確認!』できないじゃないか!

キット出ると信じて待つしかないな。

あれ? また話がそれたな。
漫画の内容はTV版ストーリーを良くやってると思います。
五飛……やっぱ結婚してたんですね。しかも可愛いじゃないですか!
②の見所は五飛と嫁ですね。セツナイ


リリーナ様はここら辺ではまだ活躍しないですね。ただのお嬢様です。進むにつれてどんどん強くなっていくからな、リリーナ様は。


ガンダムWはいいねー。
TV版ゼロはMG化しないのかよと、俺は声を大にして言いたい!
そして、この追加武装はキット化しないのかよと。
コレセットにして売り出せばいいのに!

そして、変形できるのか、ゼロよ……。エンジでした。
ゼロはなにも言ってはくれない。

新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZ 敗者たちの栄光 (2) (角川コミックス・エース 241-3)

新品価格
¥588から
(2011/10/30 14:31時点)


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)