Liqueur -リキュールー ブラコンアンソロジーを読んでみた。

2011年12月10日 23:09

ブラコンと聞いて飛んできました、エンジです。

ブラコンアンソロジー Liqueur ―リキュール― (フレックスコミックス)

新品価格
¥680から
(2011/12/10 22:19時点)



妹ゲーを探している時に、そこのブログにバナーがあり興味を惹かれて飛んでいって見ました。
liqueur468_60_b.jpg

サンプルがあったので、読んでみることに。
このサンプルなんですが、推奨モニタサイズ: 横1024 × 縦768pixcel 以上ってなってるのに、コレよりももっと大きい解像度じゃないと表示できない。
俺のモニタ1024×768なのに表示できないとか。『以上』ってことは含むってことだろ? なんでやねん。
なんでこれ以上小さくできませんとかなって身動きできないし。
しかたないのでタスクから終了。

とりあえず、解像度をめいっぱい大きくして事なきを得たが……。


そんなことを思ったが、試し読みしてみると結構面白い。
『ブラコン』ってなっているので、だいたいは女性視点ですね。


面白かったので、早速購入。

一番面白かったのは表紙にもなってるカトウハルアキ氏の『夕日ロマンス』姉弟物でした。
ドッチもクール系なんだが、姉はクールになりつつ弟萌えだし、弟は天然だしでそのバランスが絶妙でしたね。作品の雰囲気もクール系でした。
コレはコミック買おうかなって思います。

『わにあに』『ハッピードッグライフ』『はちみつホーム』『みらいもん』など、ギャグテイストで描かれたものもあれば、
『ずっと一緒のあなたと私』『よるとまひる』『てのひら』『世界で一番残酷な恋』『あねーと』『くすりゆびさき』などのような、せつない系悲恋系のもあります。

切なさでいったら、やっぱり『てのひら』ですね。これは泣けます。『くすりゆびさき』なんかもきますね。


そして、その面白い作品群の中で異色をはなっていたのが……『夏のおもいで』ですね。
なにこのホラー漫画。画風がヤバイって、気持ち悪い。
まあ、わるくはないけど、このアンソロに載せるものかな? とちょっと疑問が沸く。
つか、なぜあそこまでホラー調なのか……。浮きすぎだけど、面白かったよ!


桜野みねね氏は画風が変わったのか、それとも使い分けてるのか……。
最初どの作品描いてるのか解らなかった。で改めて見てみても、首を傾げるばかり。漫画自体は面白かったけどね。妹が犬かわいい。
守護月天は懐かしいですね。ただのハーレム漫画に成り下がったというか、連載誌がかわってから読まなくなりましけどね。話自体が微妙になってきたので。女神とどっこいどっこいかな。まあ、女神はスクルドがいるので、読めるが。


全体的に悲恋やら、せつないやらで、ちょっとがっかりしました。
コレを注文した当初はイチャラブ話が見たかったので……。
商業ではこれが限界なのかなーって思ったり。でも改めて読み返してみると、これはこれでありかなーって思ったり。最初は☆一つくらいの満足度が一気に四つくらいになりましたね。
まあ、やっぱりせつないやら悲恋やらはあまりすきじゃないですが……。

だって涙が出ちゃう、涙腺緩いんだもん。エンジでした。
本当は期待はずれと書くつもりが、なんだかんだで面白かったので買ったほうがいいですってなった。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)