鋼殻のレギオス19 イニシエーション・ログ&鋼殻のレギオス 3(深遊版)を読んでみた。

2011年12月24日 18:23

凄いフェリ特集の巻、エンジです。

鋼殻のレギオス19 イニシエーション・ログ (富士見ファンタジア文庫)

新品価格
¥609から
(2011/12/24 18:08時点)



今回主人公のレイフォンそっちのけですね。

とりあえず、フェリ好きなら表紙をめくった先にある、カラーイラストにもだえ苦しめ。

今巻はちょっと薄いですね。というのもドラマガに連載したものを収録した巻です。とりあえず本編よりも前の話……というより回想?
なので、グレンダンにいる人たちは出てきませんが、ツェルニにいた人たちは大集合。カリアンも出てくれば、生徒会の面々も出てきたり。
いろいろ決着が付いていない段階なので、リーリンもいますしメイシェンも片思い中。
つまり、時間軸てきにヘタレイフォン時代ですね。
ちなみにレイフォンのクラスチェンジの時間軸はコレ。
ヤサグレイフォン(天剣時代)→ヘタレイフォン(1~)→フラレイフォン(14~)→立ち上がレイフォン(17~)→立ち直レイフォン(18~今ココ)
18巻で完全に立ち直ったかどうか解りませんが、とりあえず一歩前に進むことはできたようです。

本編のシリアスとはうってかわって、さすがドラマガ連載、ギャグ要素がふんだんにあって、笑えること間違いなしです。哀れツナギの人。
オーフェンと違って本編と巻数を分けてないので、本編じゃないのかとちょっと思ったりもしましたけどね。まあ、でも本編と絡んでますが。

現在『ロストエピソードキャンペーン』と称して書き下ろしカードが挿入されてますが、コレを是非文庫化して欲しいものです。
ほのぼのというか、ギャグ要素ありきでレイフォンの天剣時代が読みたいですね(必然的にフェリとかの出番は無くなるけど)
ところでこのカードはランダムなのだろうか、それとも挿入される巻によって違うんだろうか……。そして、何種類あるんだろうか。

聖戦のレギオスは読んでないので、買う予定にはないんだけど、1月に発売されるやつにも入るんだよねー。

鋼殻のレギオス 3 (ドラゴンコミックスエイジ み 2-1-3)

中古価格
¥554から
(2011/12/24 18:08時点)




こっちのはギャグ要素満載でマジで笑えます。本編のイラストレーターの深遊氏が作画してるので、違和感は全くありませんね。つかこの人こういうコミカルな絵も描けるんだーと思ったり。
最近の本編はドシリアスなので、こういうのがあるといいですね。もちろん本編のシリアスも好きですが。
漫画はやっぱ目で楽しめるのがいいですよね。

あんまりイラストにならないセリナさんが可愛い件について。
あと上目遣いのクララが可愛い件について。

だが! ツェルニのメイド服姿はたまらないよな!



今後どう本編が展開していくのか楽しみです。
レイフォンは再び天剣を手にするのか! しないのか!
今のレイフォンだと全力出せないですからねー、いろいろ工夫はしてるけど。ダイトが耐えられないという弱点が……。
あと、他の天剣授受者がチートすぎてレイフォンのチート主人公補正が効かなくなってきてる……。
そのチートすぎる天剣授受者でも苦戦する敵ってどんな敵だよ!
ブリーチとかみたいにならなきゃいいけどね。


ああ、あと、改めてアニメ版も見てます。何となく。
中原麻衣さん可愛いなーと……。あとニーナはホント口だけだなと思ったり。本編ではだんだんチートっぽくなってきたニーナですがね。


OVAで見たい、レギオス。エンジでした。
19巻のアレみたいよな。みんな。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)