HITACHI HEF-65R-B を買ってみた。

2012年08月02日 19:43

節電の夏、日本の夏。エンジです。


暑かったり、寒かったりしますね。
今年も節電……っていうか、どうなんですかね? 電力需要。

原発反対だどうたらとか……。

難しいところですよね(と言葉を濁してみる)


それはそうと、型番だけじゃなんだか解らないけど、話の流れで何買ったかわかるだろ(笑

扇風機です。

『節電しなきゃ!』とか、『エアコン使っちゃだめだよ!』とかそんなこと思ったわけじゃありません。

持ってなかったわけでもありません。つか、探してるときにレビューとか見て、『節電』とか『エコ』とか書いてる人いたけど、『今まで扇風機無かったんですか?』 って思ったり。
そんなことないだろうけど、なんか『流行』に乗ってみた感が感じられてなんだかなって思ったり。

流行といえば、なにやら高級扇風機がはやってますね。

有名どころでいえばダイソン。
え? 掃除機の会社がなにを?(俺的イメージ)とか思った。

ほう、羽がない。どういうことだ? どうやって風を? 結構面白そうじゃん。とか最初思ったんですよ。
で、店頭で見て、
『でか! 高!』
そう、なんかでかいし何より高い。

エアマルチプライアー AM02NIB

新品価格
¥47,509から
(2012/8/2 19:38時点)



たかが扇風機に5万て……。アマゾンでは若干安くなってますが、それでも4万とか。

正直馬鹿じゃねーの? って思ったりします。だって5万あればエロゲ何本帰るとおもっt(そっちが馬鹿だろ)

エアマルチプライアー AM01N30IB

新品価格
¥30,830から
(2012/8/2 19:38時点)



若干お安いほうでも3万とか……。だからエロゲが何本かえr(ry

まあ、奇抜な扇風機はいいとして、羽有りでも高いですよね。
バルミューダのグリーンファンとか。

BALMUDA GreenFan2 バルミューダ株式会社 グリーンファン2 超省エネ扇風機

新品価格
¥39,428から
(2012/8/2 19:39時点)



『自然界のそよ風を目指した扇風機』とのことで、ちょっと心惹かれるものがありました。
でもやっぱ高いですね。

とまあ、ここまで高級なやつは正直要らない。
というかそもそも頭にない。


そういやなんで買ったかを言って無かったな。
単純明快、壊れました。『10年選手の貫禄』だったんですが、ご臨終です。
使おうと思えば使えるんですけどね。発火とかしたらやだからね(汗

夏を目の前……というか初夏なんですが……。まさか壊れるとは。
正確に何年使ってたか解りませんね。10年以上は使ってたとは思いますが。
とりあえずよくわからんメーカーのオーソドックスな扇風機、おそらく3千円前後。調べたら、「Panateyan」でコジマのプライベートブランドらしい。

まあ、それはともかくとして。扇風機にそんなお金つかってられないし、上記は別としても結構似たり寄ったりなわけですよ。なら安いほうがいいので。安すぎてもなんか不安ですが。
『数十年もの間、取り立てて技術の進歩もないまま』とか記事がありましたが、俺はそうじゃないと思います。扇風機ってのはすでに完成された美術品というか技術品だと思います。嘆くようなことじゃないと思いますけどね。
『蛇足』って知ってます? 的な。

選ぶ基準。
・値段3千前後:まあ、これくらいが妥当だろう。
・機能:特になし
・メーカー:消滅しなさそうなところ

こんなところかなと。
値段に関しては、こんなもんだろうなと。俺の財布的な問題と『扇風機』ですからね。
機能ってなんかあるの? と思ったら、結構あるんですね。

リモコン……いらねー。割と足でボタンおしてたので。つかこれ以上リモコンとかいらねーよと思う。
オンタイマー……便利そうだけど、ついてなくてもいいな。
バッテリー……同じく便利そうだけど、使わないな。
DCモーター……なにそれ? 風量の細かい調整やモーター音が静かでパワーがありそう電力運転なんだってさ。
マイナスイオン……面白そうだけど、別に……。

とまあ、現在は色々機能があるみたいですね。ほかにも風量の設定で微風とかリズムとか。
正直どの機能も別に要らないです。

俺的扇風機の使い方って『弱』と『タイマー』以外ほぼ使ったことないぜ。
強い風がほしい時なんて本当にたまにしかない、てかほぼ使ってないし、まして『中』って全く使ってない。首振りとかもしないしな。
そして『微』ってなんだよと。

まあ、そんなわけで扇風機に関しては俺はエコだね(マテ

いろんな機能があっても数回使えばいい方じゃないかな?


で、まあそんな検索条件で調べるわけですよ。

いや、もう、出てくる出てくる(笑

出てくる出てくる出てくる出てくる出てくる出てくる……出て……くる、出て……きすぎだろ!
そうなんですよ、たくさん出てくるんですが、逆に決め手がなくて迷っちゃう状態に。
どれも似たり寄ったり。
ならば、仕方ない家電量販店に行ってみようと……。何店か回ってみたんですが、結局よくわからない。
あともの申したいことが、店頭に飾ってあるの全部試せるようにしてくれないかな。ちゃんと電源切るからさ。止まってるの眺めて見てもなんの役にも立たないんだが。

もう一度扇風機に求めるものを考えてみる。
なら『音』はどうか、これは結構重要だぞ、寝る時にもつけるわけだから。しかし、レビュー見てもこういうのって個人差があるよねと。
結局よくわからなかったわけですよ。

ちなみに温度センサーなるものがついてるとちょっと便利かなって思ったけど、高いので却下。それだけの価値も別に見いだせなかったので。

どうでもいいけど、5枚羽が主流だよね、8枚とかさ。俺の以前のは4枚だぜ。『羽の数が風力の決定的差ではないことを……』羽の数は風力というよりは、柔らかい風とかそんな。

楽天やアマゾンで検索に次ぐ検索、たまにGoogle先生を使って、サーチ&デストロイすること数日。

アマゾンで見つけました。

HITACHI リビング扇風機 本体操作タイプ  HEF-70M

新品価格
¥4,910から
(2012/8/2 19:40時点)



っていうのを。真ん中が丸じゃなくて四角ってのがいいよね。あとオンオフタイマーが同時に設定出来るのも決め手。若干予算オーバーだが許容範囲、さすがにもう検索するの疲れた。
しかしまだ若干の迷いが……。ふとアマゾンの『この商品を買った人はこんな商品も買っています』を見ると、そこには存在を素徴する黒いやつが……。

HITACHI 扇風機 ブラック HEF-65R-B

新品価格
¥6,480から
(2012/8/2 19:41時点)



扇風機なのに黒いだと!?
黒を基調に赤のラインが入るという俺のモロ趣味なカラーリングが。しかし、まて扇風機にその色は……誇りとか傷が目立つぞ……。実際レビューに書いてありました。しかし、それを考慮してもあまりあるかっこよさ。
そう思った瞬間、俺はクリックしていた。
俺が買ったときは5千円だったんだけど、今若干上がってるね。

機能的にはどっちも変わらず型番から見ると遅いのか?
決定的な違いはタイマーが6時間に対して8時間となっていること。あとリモコン。


前置きがずいぶん長くなったが、なに気にすることはない(笑

12072301.jpg
10年前と比べると箱もコンパクトですね。多分一回りくらい小さい。
12072302.jpg
組み立て式……って改めて書くことなのかな? 扇風機って組み立てるの当たり前じゃね? つか、組み立てのうちに入るか?
と思いながら口笛吹きつつ組み立てる。

完成。
12072303.jpg
やばい……かっこいい。
本来は正面からのショットだったんだけど、真ん中に俺のナイスガイフェイスが映り込んだのでこの角度になりました。
正面にストロボ光を当ててやれば反射して映り込まなかったんだけど、やっぱこっちにしました。
商品画像では赤いラインが( )に見えますが、○でした。
あれは写真撮った人の腕が悪いな……。

リモコン要らないけど、リモコン付き。だってこれしかねーんだもん。
リモコンのくぼみがあるのが好感持てました。しかし、本当におくだけ、安定しない。その下にボタンがあるせいで浮きます。もうちょっときちっとはまるのかと思ってた。
リモコンの反応が悪いとかなんとかあったけど、ちゃんとセンサー部分に向けて照射すれば問題ないです。
あとすごい軽い(笑

首振りもリモコン操作。これって割と珍しいらしい。首振りの角度も45,70,90と三段階で出来る。

おやすみ機能はよくわからん。

切・入タイマーが同時設定出来る。

リズムがある。微がある。
微は確かに静かだね。これは強よりも出番あるかも。まあ、デフォは弱ですが、なにか?
静音性に関しては静かですね。音がしないわけじゃないけど、気になりません。

色に関して、つや消しなのでそれほど問題ないかなって思いました。
あともう一つ懸念してた風量とかのライトですが、もうちょっとぎらぎらしてるかなって思ったけど、そうでもないので、寝る時でも大丈夫そう。


これはいい買い物をしたと思いました。

ただ、気になるところも。
・切ったときの電子音。操作の時もなるけど、切ったときに『ピー』って結構でかい音がする。
・コンセント抜くとデフォで『中』になる?
・電源ケーブルが若干短い。

風量に関しては弱だけでなく、中も強も使うようになりました。ただ『微』だけは使いませんが(笑
あとリズム。
そして『おやすみ』ってなんぞや状態。

どうでもいいけど、ブログのカテゴリに『家電』とかないんだね? びっくり。

これで夏を乗り切るぞ! エンジでした。
若干予算オーバーだけど、気にしない。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)