鋼殻のレギオス21・22 ウィンター・フォール 上・下を読んでみた。

2012年12月08日 21:03

ついに上下巻構成。エンジです。

鋼殻のレギオス21 ウィンター・フォール 上 (富士見ファンタジア文庫)

新品価格
¥609から




鋼殻のレギオス22 ウィンター・フォール 下 (富士見ファンタジア文庫)

新品価格
¥609から




前の巻とその前の巻が本編からずれた話だったので久々ですね。
とりあえず、上下そろうまで待って読みました。
つか、下巻が発売されてから結構たってますが……。
いや、まあ、エロゲとかエロゲとかテイルズとかエロゲがあったんだ……(エロゲ率高いな)

ついに最終戦開幕!!
天剣授受者12人勢揃いですね……。とはいえ、準備万端ではなかったり。前回の戦いで一人失って、元々空席だったヴォルフシュテインをハイアが継いで、ティグ爺のはクラリーベルが継いでと……二人は天剣授受者になりましたが、新人ですね。エルスマウも新人ちゃ新人。

一人一人が強大な力を持ってるが故に、集団戦が出来ない。天剣授受者が協力して戦うほどの敵が今までいなかったという……。
天剣が束になってかかっても倒せない相手が……。

払った犠牲は大きすぎる。
まず開幕戦にて、リヴァースとカウンティア善戦むなしく倒れる。
続くカルヴァーンも一人で立ち向かうも、敗れてしまう。
そのカルヴァーンのおかげで体制を立て直し、ハイア、クラリーベル、サヴァリス、カナリス、バーメリン、トロイアット、ルイメイの7人で総力戦を行う。
なお、リンテンスは外の敵を一掃してる最中のため、合流できず。
急場ではあるものの、なんとか連携して戦う。

そして我らがチート主人公、レイフォン合流。
この巻のなかでサヴァリスさんにいった一言。
『邪魔になったら、見捨てればいいでしょ? いつからそんな優しい人になったんですか?』
これがよかった。レイフォンはこう出なくっちゃ(笑

地下へと戦いの場を移してレイフォン、リンテンスは移動。
一方地上での戦闘でルイメイ、カナリス、サヴァリスが倒れる。

チート主人公レイフォンはまだまだ迷い中ではあるものの、だんだんと立ち直ってきた様子。
戦いは一端収束したけど、レイフォンは武器を失ってしまう。
そして! サヤが! 天剣を! 渡す!

レイフォンは!

『だが、断る!』
ってことで、天剣を手にすることはなくなりました。多分今後も手にすることはないんだろうな……。
天剣の二刀流とかやらないかな……。やらないな……。

さんざチート主人公と言ってきたレイフォンですが、もっとチートなのはニーナだよね。なんか色々電子精霊とか受け継いじゃってますますチートに……。
他のキャラが濃すぎてレイフォンの主人公としての影がやっぱりいまいち薄いですが、『望まれて戦う主人公』ではなく『望まれないで戦う主人公』ってのがいいですね。
本来なら天剣ではなくなった時からこの運命からは外れてたはずなんですけどね……。


そしておそらく次巻が最終巻だと思われます。主人公としてちゃんと幕引きできるのか! 注目です。
そして、なんとフェリが……ついに、デレを伝えちゃいました! どうするレイフォン!
あんなに可愛い娘を目の前にしながら、脳筋にいくのか?
メイシェンという内気可愛い娘を振った前科があるので……どうなることやら……。

天剣授受者も半数を失っての最終局面です。
クラリーベルも可愛いですよねー……。



鋼殻のレギオス MISSING MAIL 8巻はいつ出るんですかね? エンジでした。
問い合わせるか……。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)