運命線上のφをやってみた。

2015年08月17日 18:19

い~ま、ひとりひとりのむ~ね~のな~か、め~をさませ ざたいむとぅごう! エンジです。

え? それはファイズだろって?

……。

知ってる。

タイトル:運命線上のφ
ブランド:Lump of Sugar
ジャンル:未来を斬り拓くADV
原画:萌木原ふみたけ、ななろば華、あゆや
シナリオ:しげた、冬茜トム、他
音楽:大川茂伸
アーティスト:ave;new feat.佐倉紗織
作詞/作曲:佐倉紗織/a.k.a.dRESS

っとこんなところですかね。最近パッケの写真とるのメンドイ。

最初はかなりやる気がなかった。

というのも、これ、2,3ヶ月前にアキバに行った時に苦し紛れに買ってきたやつだから。

いやなんかさ、アキバ行ったんだけど(別の目的でね)なにも買わずに買えるのもなーって思って一生懸命探したですよ。

で、いざ帰ってきてやろうかなって思ったら、開始2分で止めました。何が悪いんじゃない、ただやる気が無かっただけ。
あ、誤解ないように最初に言っておかないとね。

コンプリしました!
スッゲ! 面白かったです!

まだやってないって人は、今すぐお店へGO! ハリーハリー!

やって損はない。
ちょっと難しいかもなので、攻略サイトを参考にするといいよ(笑
攻略順がちょっとだけ決まっちゃってるので、狙ってる娘にすぐには行けないかも知れないけど、全シナリオ通して面白いし、謎もあるので、コンプリをおすすめします。

果凜とリーニャがスゲー可愛い。
シナリオだけじゃなく、ちゃんとエティです(ぇ

リーニャの声がすごい良くて、風音さまっぽく聞こえる。同じような声質なんでしょうかね。羽衣翠さんです。

そして、なんと言っても果凜お嬢様だな。
かわゆすぎる。声もどこかで聞いたことある人はいるんじゃないでしょうか。是非とも猫語をしゃべって欲しかったです(ぇ
でも『リーニャ、リーニャ』言うので『ニャニャニャ』だな(ぇ


ほんと、やった方がいい。
そして女の子もいいけど、主人公もいい!


さて、なぜ最初はやる気無かったのかっていうと……。
凪咲の存在です。

キャラ説明に『年上で頼りがいのある主人公のことを勝手に兄と呼び慕い』っていうね。
実妹でも義妹でもないのに『兄』呼ばわりするキャラに若干の嫌悪があったんだろうね、当時(ぇ
そこが引っかかって発売当初は『いいや』って思ったんだと思う。

そしたらお前……ルートに入ったら……実妹っていうね。
そりゃ俺も手のひら返しますよ!
最高です!


このゲームやって思ったのは『かまいたちの夜』でした。
キャラの大まかな設定は共通にしてほかの設定が全く違うストーリーに分岐します。

探偵編、執事編、旅情編、剣豪編という具合に。

詳しくは語れないな。というか、『かいまたちの夜』ってだけで伝わるかと。
ええっと、オムニバスみたいな?


ほんとね、果凜とリーニャの破壊力がすごいから。
マジ可愛い。

本当に面白いと俺なんかじゃ語れないな。


どこだか忘れたけど『なるほど、その可能性はないと思ってました』っていう台詞が好き。
的外れな推理をしたあとのね。


探偵ものでも確証を得るためにあえて的外れな推理をするってのも推理の手法としてあってますよね。

とりあえず、やって損はない! てかやれ! 俺に語れるのはそれだけだ! エンジでした。
もっと語りたいことがあったはずなんだが……。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)