ヨコハマ買い出し紀行(違

2005年10月29日 00:15

と、いうわけで行ってきましたエンジです。

さて、俺はかるく24時間起きていたわけです。
せっかく夜勤を半分で切り上げて帰宅し、早めに布団に入ったわけですが……。眠れません。

俺は子供か……orz

別に楽しみにしてたわけじゃないけど……むしろ憂鬱?
仕方ないので、寝ることをあきらめ、時間潰しに『ホーリーランド』を全巻読む。
そのあとでS黄尾を読む。
お腹が空いたのでコンビニで飯を買ってきて、食い。本来起きる時間までに支度をすませ、集合場所へ。

一番乗り。
そりゃそうだ、20分くらいまえだしね。
はてさて、いろいろあって、東京から横浜と……。町並みが都会ですねー。おいらは群馬の山の中。地元じゃないけどね。
ぽけーっと眺める。なにか引っかかるものが……というか喪失感……。
途中、ここに嫁がいるのかーと思ったのは内緒。

う~ん、S黄尾の『さらば愛しき女よ』を読み返しておけば良かった……。横浜が舞台になってるので。
やつらはいろいろあくどいことをしてるなー。
『ダイスパニック』は読んできた。

それはさておき、キリンビール工場見学。
正直すっげー不快(ぇ
だって、へんな匂いがするんだもん。それに酒飲めないし。試飲券をもらったけど、俺はジュース飲んでた。

しかし、ここにつくまでがヒドイさ。
朝からチューハイだの、発泡酒だのビールだのがバスの中に放たれてるわけだからな。なんか、酔っぱらいがいるし……。っていうか社長だしな、その酔っ払い。

はてさて、中華街で飯。
席が適当だった……。しかし、俺はちゃっかりというかさりげなくっていうのがたまにあるの。
んで、さりげなく、気になってたあの人の隣へ(ぉ
めっちゃ綺麗でした。
ショートより、ちょい長めの感じのストレートで黒髪。スタイルは結構いい感じ。胸もさりげにあったし、というか形綺麗? って俺はオパイ星人じゃないって。
細い人だったわ。
ビール飲めないけど、とりあえずついでもらった(ぉ
まあ、別に口説きにかかったわけじゃないですよ。俺は別段話しかけることもなく(チキン
同僚は気の利くヤツばかりで、愛想笑い(?)や相槌なんかも上手いなー。みんな世渡り上手だ。それに経験も積んでるしね。
ははっ、俺は世渡り下手なので……。
横目でチラチラ観察(マテ
左手の薬指に光る(?)指輪があるわけで。

ま、そんなもん。

飯の中華はそんなでも無かった。
お腹減ってたけど、食いだしたらなんかいっぱいになった。

さて、中華街も堪能(?)したあとはみなとみらいへ。

はっはっは! 全然計画立ててません。
カレーもラーメンも食う気なかったしね。とりあえず、その辺をぶらぶら。男四人(ぉ
まわりをみるとカップルだらけ……。
正直……。彼女欲しくなりました……。切実に。
久々にそう思いましたね。
ああ……なんかいいなー、隣に好きな人が居てくれたらなー。とか思ってました。
実はこれは向かってるバスの中でも感じてたんですね。あの喪失感は。

とりあえず、ゲーセンで遊んでました(ぉ

職場への土産を買おうとするも、なんか売ってないし。なんか面白いもの探したんだけどなー。

途中寄ったパーキングで買った(ぉ
横浜じゃないけど、横浜って書いてある土産。やっぱり、どこかさりげなくちゃっかり。

帰りのバスでは24時間起きたのが祟ったのか、めっちゃ眠い。ので音楽を聴きながら30分寝る。
そのあとはぼーっと、流れる景色をみながら……。
『海猿』も見た。なんか泣きそうな俺。

そんなこんなでヨコハマ買い出し紀行でした(ぇ
今度は彼女と来たい。

うわ! なんか今日はまともだぞ!
しかも、彼女が欲しい発言まで!
それでいいのか、俺!

いいよ。多分いいと思う。いんじゃないかな? まちょと覚悟はしておけと。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)