きまぐれオレンジ☆ロードDVDBOXが届いた。

2007年02月28日 01:52

大人買いです、エンジです。

というわけで、あの『きまぐれオレンジ☆ロード』TVシリーズDVDBOXが届きました。
すっかり顔なじみになった、ペリカンさんに渡されました(笑
毎度毎度来るたびにいなくてすみませんm(__)m

だって、アマゾン時間指定が出来ないんだもん(出来るのかもしれんが)
それに、時間指定してもいるとはかぎらんしな。
まあ、そんなことより、『きまオレ』です。
070227.jpg


初回限定のフィギュア付きです。こういうのは大抵にてません。
はい、にていないんですけど……。似ていない原因はなにも原型師だけのせいじゃありませんね。
原作者のまつもと泉さんの今のタッチの鮎川からおこされているため、漫画ともアニメとも似ていません。

待ちに待った、待ちすぎた、待ち疲れた作品のDVDですね。
思えば、高校のころ、ビデオ全巻セットが発売されたとき、バイト代で買おうかと思って忘れて以来ですね(忘れたんだ)
いや、まて、中学の頃か? 高校の頃だったらバイト代ためるまでもないし。使う暇がないくらいだったしなー。月収8万以上で、所得税まで取られたし。
あまりに使う暇が無かったから、金貸しもしてたしなー。

まあ、バイトやめてからほぼ無くなりましたが……。何に使ったんだろう……。

そんなことより、『きまオレ』です(二度目)
このアニメ、原作は1985年くらいだったか、アニメは1987年4月6日だったんですねー初回は。
87年っていったら、俺が生まれてから、○年たったころですねー。とりあえず、記憶はないです。そのくらいの年齢ですね。
今から……20年前ですか? こう数字にするとすごいですねー。
はあ、20年ですか……。
20年……。
ん? 女神も20年じゃ無かったですか?
はあ……月日とはなんとはかないものよ……。

そんなことより、『きまオレ』です(三度目)
どうも話が脱線しますが。
DVD一巻を見ての感想。
鮎川まどかがかわいいです。20年前のアニメを見てかわいいと思えることが、すごいですね。
いやホントかわいいですよ。声優の鶴ひろみさんの演技もすばらしいですけど。いや、ほんと、これは声優の力もありますね。
みんなの前と春日恭介と二人でいるときとのギャップがすごい。アニメが恭介とまどかよりになってるせいもあるでしょうけど、鮎川は割とやきもち焼きですね。二人は別につきあってるわけじゃないんですけど……。
これが、今流行の『ツンデレ』ですね。俺の辞書が、一発変換出来るのは気のせいだ。
ツンデレを知らない人のために……。
『ふだんはツンツンしてるのに二人きりになるとデレデレと甘えること』を指します。
まさにこれです。『つよきす』をやって判明したことは、俺、ツンデレ好きだわと。

いやいや、なんとなく『とらハ3』の忍みたいだわと思ったり。
いや、でも……うん。鮎川はかわいいですね(ぉ


さて、情けない男春日恭介。声はあのアムロ・レイの古谷徹です。改めて見ると春日はサイテーだなと……。批判じゃないですけどね。許せないサイテーではなく、なんとなく許せてしまう笑えてしまうサイテーですね。
あと、モノローグの多いアニメです。


今見ると『おいおい』『痛い』『マテ』ってシーンなんかが結構あります。まあ、これは時代だからしかたない。時代といえば、このころはTVでティクビはOKだったわけですね。そんなエロイわけじゃないですが。ジャンプにしちゃエロイか?
まあ、今のアニメだってエロイやつはエロイ。
しかし、リアルタイムだとゴールデンタイムにやってたんですよねー。たしか7時か8時くらい?
たぶん今のコナンとかの時間帯だと思った。
ああ、ほんとにコナン枠ですね。毎週月曜夜7:30ですから。おおすげーな。
そんなころに生まれていたら、たぶん見られなかっただろうなー。

再放送で見た印象が強いせいか、夜って感じがしないんだよなー4時とかそのあたりの感じが強い。


鮎川はかわいいですが、それ以外は別にって感じですね。いや、双子の妹がいい感じですかね。
ただ、妹と言っても『義妹』ではないですよ。ちゃんと血がつながってます。富沢美智恵が出てたのはびっくりした。双子の片割れ……そういや、どっちが姉で妹かは全く描かれてなかったな。とりあえずしっかり者のまなみちゃんです。割とハスキーな声ですね(かすれてるだけか?)
原作だと、真面目(メガネかけて、髪も束ねてるからか?)な印象を受けますけど、アニメだとくるみと双子ってのはうなずけます。まなみちゃんもっと真面目な娘だと思ってたのに……ホントアニメだとくるみがもう一人いる見たいで……。ちょっとだけ良識ある(能力を使わないだけ)くるみちゃんて感じです……。
しかし、双子で同姓なら、もうちょっとにせてもいいよなー。
俺が思うには、兄弟だったら、髪の色は同じにすべきと考えます。顔はまあいいとして。目の色も違うしね。

あ、そうそう、鮎川はかわいいとかツンデレとか双子の妹とか言ってますが。昨今の萌え系アニメと比べてはいけません。萌えを意識して作られてはいませんね。
鮎川はかわいいですけど。
クオリティも決して高くありません。時代もあります。
なので、それになんにも感じなければ今から見てもいいと思います。
ただ、原作、アニメ知っていて、年月が経ちすぎて美化してしまっている人には見ないほうがいいと思いますね。美化したまま心にとどめておいた方がいいかも。特に原作もアニメも知らず、『ツンデレ』キーワードだけで見ようと思ったそこのお前!

がっかりするから、見ないほうがいいぜ!

ちなみに俺は大丈夫だった!
つうか、むしろサイコーだった!

ただ、恭介が小松と八田に連れられて言ったハンバーガー屋。店員がレオタードでしかも二階にはエアロビを鑑賞しながら、食べられるという。どんな店だよと思いつつ、萌えはあったのかもしれないと思ったり。

戦闘系シリアスのない、ほのぼの超能力学園物もいいかもしれないと思った、エンジでした。
あと、ジンゴロちゃんはかわいそうだと思った。まるで『エクセルサーガ』のメンチみたいに不憫だ……。ちなみにジンゴロちゃんはアニメオリジナル(原作では恭介と入れ替わった猫がジンゴロのようです。OVAではジンゴロと恭介が入れ替わってるし)



びっくりだよ。
12話で恭介が読んでた新聞に『女子高生イヌを殺す』って記事があった。表題だけだけど、びっくりだよ。殺されたイヌはポチらしい。写真が載ってた……。
この時代はそんな事件があったんだろうか……。
13話じゃ『アニメーター殺害される』大阪のY氏仕事辛いと……。なんだよそれ……。
四原山噴火……。
DVD四巻まで見ました。
しっかし、一弥なんておじゃまむしもいましたねー。むかつくガキです(ぉ
しかも、隣に住むって……。恭介……苦労するな……。
ここまで見てて思ったけど、やっぱアニメは鮎川よりですね。原作でも恭介は鮎川よりですが……。
そのため、アニメを見てるとなんだか、ひかるちゃんが『痛い娘』に見えてしょうがない……。
あと『空気読めない娘』。しかしね、ひかるちゃんはいい娘なんですよ! 本当に!
まあ、俺は鮎川派ですが(ぇ


どうやら、歌や音楽そういったものを使った演出が多く見られますね。ここまでの演出はいままで無かったと思います……って過去の作品だから、その演出はダメってことか!? 俺はいいとは思うけどね。自分の好きなものは些細なことでも許せます(ぇ


相変わらず、おじいちゃんたちに振り回されてますね。おじいちゃんはやりすぎです。
38話『恭介時間旅行・三度目のクリスマス』
タイムスリップ物の二回目ですね。一度目は恭介と恭介が出会うやつでしたけど、結局どうおさめたのか……。
この話はナック5でやってたラジオドラマきまぐれオレンジ☆ロードオリジナルでもやりましたね。
何度もクリスマスを繰り返す話です。これも結局オチはどうなったのか……。
ひかるちゃんと鮎川の二人、どちらを誘うか悩んでいるようで、実際鮎川のことしか考えてなかったり。恭介は最初から最後までずっと鮎川だったわけですけどねー。優柔不断(ぐずぐずして物事の決断のにぶいこと)ですねー。心は決まっているはずなのに、なぜか流されてしまっています。ひかるちゃんがかなり積極的で、鮎川が気持ちを押し殺しているってのもありますがね。
一度目でひかるちゃんと、二度目で鮎川と。
本来なら、二度目で蹴りつけられるはずですが、恭介は三度目を行い、右手に鮎川、左手にひかるちゃんと、割とサイテーなことをしてますね。
ちなみに、時代なのかなんなのか『スケバン』などというものも……。
『ピックのまどか』ギター引くのに使うアレですね。
アレを武器にスケボーを真っ二つにします(ぇ
なぜピックを使うのか、それが描かれていたような気がする小説があったような。新・きまぐれオレンジ☆ロード』三巻だったか。たしか『まどかのシークレットメモリー』だったかな? あんまり覚え得ていませんが、タイムスリップして、鮎川の過去をのぞこうとする恭介の話でしたっけかな?

ここまで見てきて、やっぱり俺は鮎川にドキドキです。
鮎川は『ツンデレ』がうまく生きています。これほどの娘は今までいなかったでしょう!
もう、たまりません(ぇ
あんまり感じられないかもしれませんが、だんだん大人しくなっていきます。

43話だけなんか雰囲気が違いましたね。重いっていうか、シリアスっていうか。感じ的には劇場版の『あの日に帰りたい』 あんな感じですね。なんであれだけ雰囲気が違うのかちょっと知りたい。
あと、一弥……。あいつは本当に痛い目に遭った方がいいですねー。子供とはいえ……。
さすがにあれだけやったら、修復不可能じゃないかと……。鮎川もひかるちゃんも甘々なわけで……。
あと、加えて小松と八田も……。



はい!
というわけで!
DVD見終わりました!
見てから気がついたけど、俺、どうやら、最終回まで見たことあったようです。断片的な記憶の中にいろいろほんのちょこっとだけどシーンがありまして。
どうやら見ていたようです。
うーんでも、いつどこで見たのかは記憶にございません。

俺は結局TVシリーズでは決着つかないかな? と思ってたけど、実は片方はついてたんですね。
ええ、恭介の好きなのは……。

まあ、そんなわけで、今でも十分楽しめる作品だと、思ったしだいです。


『萌え』はないと言ったけど。ありますね。ただ、そんな陳腐な言葉でかたづけてはいけない気がします。
しっかし、俺ってホント涙もろいわ……。

最後に……。
鮎川まどか……さんは最高だと思います。まさに『ツンデレ』の先駆けですね!
そして、きまぐれオレンジ☆ロードは俺の原点です。
まつもと泉さんありがとう!
高田明美さんのキャラデザもすばらしいです!


そして!
次は一ヶ月後のOVAシリーズだ!
そんでもってその次はさらに一ヶ月後の劇場版だ!
つうか、無性に恭介&まどかの子供(ネタバレ)話がみたい!
ほら、20年たった訳だし! 1988年に無事、恋人同士になったわけで。
子供も丁度いい年齢になってるのでは?
いやー、きまぐれオレンジ☆ロードってホントいいもんですね、ではまた。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)