ごめんなさい

2005年06月30日 02:04

まずは、謝らせてください。

ごめんなさい。

今日は仕事大きなミスをおかしました。
いいわけするつもりはありません。言い訳は嫌いなので。
ただ、事実関係などはハッキリさせます。
気持ちが緩んでいたんでしょう。そんなつもりはなかったんですが。
だめですね。
本来なら、こんな後から読み返して鬱になるようなことは書かないようにしようと、なるべく仕事のことは書かないようにしようと思っていたんですが。
戒めとしてあえて書こうと、パソコンの前にいます。
今落ち込んでいる自分と落ち込んでいない自分がいます。
結局の所本当の気持ちがどっちだか解りません。
今こうして、落ち込んでいる自分は数日後にはきっともとのまんまの普通の自分に戻っているでしょう。
いえ、寝てしまえばいくらか解消されてしまうのでしょう。
そんな自分が嫌ですね。
うじうじ引きずるわけではありませんが、ちょっと現金ですよね。
言葉があってるか解りませんがそんな感じです。

こんなとき思いますね。
『あのときなんで気が付かなかったのか』『ああしてれば良かった』と、後悔先に立たずですがね。
時間を戻したいとか、リセットしたいとか。そういうのはゲーム脳なんでしょうか?
現実もゲームのようにリセットやロード、セーブなんかができたらいいですよね。まあ、できないからこその『現実』だし出来るからこその『ゲーム』なんでしょうけど。
解ってますよ。

でも考えて見てください。俺達はもしかしたら巨大なゲームのキャラクターに過ぎないのかもしれません。
そう、神様の作った人生と言う名の『ゲーム』なのかもしれません。
各個人はまた各神様の一人に操られてるのかもしれませんよ。
きっとその神様『しくった』や『馬鹿かてめぇは』とか思ってるのかもしれません。
やり直しがきかない現実。
唯一の手段は……『死』ですか?
そんな単純なもんじゃないですけどね。死ねばいいってもんじゃない、死んでなんになる。死んだら終わりという。
でも一言言いたい
『お前、死んだことあるのか?』
と。
死んだあとどうなるか知ってるのかと。俺はきれい事いうつもりはありませんよ。

まあ、いろいろ書いたけど、そんな感じです。
『人生は全て最初から決まってる』っていう考えです。
物語りのようにはいきませんよ。人生が変わったとかそういうのもすべて決まっていることなんですよ。
変わった気になっているだけです。
ま、だからといって俺が人生投げ出してるわけじゃないですよ。
人生語るにゃ若すぎらぁなぁ……。


こなごなになるくらい 傷いて

ダメになる手前で 持ちこたえる

ホントまだたいして長く 生きてないのにね

これでけっこういろいろと あるもんだよね

SMAPの『きみはきみだよ』の中の一文。
全体の歌詞の意味合いとは今回違うけどね。

きっと、こんなことだんだん忘れていってしまうんだろうな。
そんな自分が嫌ですね。忘れたいけど、忘れてしまう自分は嫌い。
矛盾だらけですね、人間って。
まあ、そうしないときっとつぶれてしまうのでしょうが。

ま、とりあえず、一生懸命です。多分……。

追伸
やけ酒ならぬ、やけジュースの為にかってきたバナナオレが不味い!

>RO
やってんのかよ!?
やってますとも……。でもね、なんていうか、もうね。
一生アコかなっておもったり。
レベルに変わりなし。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)