ボクラはピアチェーレをやってみた。

2010年07月04日 22:19

アニメを見てる感覚、エンジです。

10062502.jpg

はい!
というわけで、コンプリしました。
タイトル:ボクラはピアチェーレ
ジャンル:青春学園バンドラブコメADV
初回特典:サウンドトラックCD
ボーカル曲:全4曲(あれ? そんなにあったかな?)


プレイ時間は細切れになってしまったため、解りません。


ネタバレ無しの総評としては『やってみてもいいんじゃない?』レベル。
ジャンルに偽りなりの『青春学園バンドラブコメADV』だと思います。
ただ、面白いと思うにはたぶんコンプリしたほうがいいと思う。この『キャラだけー』なんて俺みたいなプレイスタイルだとちょっと物足りない感じがするかもしれません。
事実『琴子』だけでいいやーってプレイしてた俺は感じました。ほかの娘も気になったので結局コンプリしましたけどね。

さて、これからはネタバレです。
覚悟完了した人からどうぞ!







はい? 完了した?


では行ってみましょう。
まずは……そうだな~パッケージから(ぇ
なんかこう、男キャラがいるんですけど(笑
まあ、それはいいんだけどね、別に。
あのポーズってさ~……。いや、多くは言うまい。

で、先生がいるじゃん! 俺的傾向からパッケに載ってる子は攻略出来るはず!(そんなでもない)
もちろん出来ませんが!
別に期待はしてなかったけどね。ただ、パッケに載ってる=攻略対象とかではないのかね? そういう傾向はあるって程度かな?
まあ、オフィシャルHPにいけば自然と攻略対象は誰だかってのはわかるけどね。

>攻略順
あずにゃん→むぎちゃん→あむタン→のどかちゃんの順(爆
ゴメンゴメン(笑
そう見えたんだって、もちろんキャラの見た目ですがね。
琴子→絢香→さくら→瑞樹の順です。
楽しむための攻略順
絢香→さくら→琴子→瑞樹かなと。
うん、たぶんコレがいいと思う。
絢香、瑞樹ルートでは琴子のことはほとんどふれてない。
さくらルートは琴子のことが描かれてるのでさくらルートで感情を高めて琴子ルートにのぞんだほうがいいかなって思います。だってさくらルートで固定されてるはずなのに琴子を選びたくなったもん。
ただ、俺が勝手に思った順なのでクレームはやめてね♪

瑞樹ルートはさくらEDを迎えることで開放されます。選択肢が増えてルートにいけるようになるんですね。
つまり最初から瑞樹ルートには行けません。どうしても『最初に瑞樹を嫁にしたいんだ!』って人はひたすらスキップしまくるか、セーブデータでも入れればいいんじゃないかと(ぇ
それだと楽しめる保証はまったくありません。
コンプリすることで楽しく思えるゲームだと俺は思ってます。


>CG
全編orパートアニメか? と思わせて置いて静止画です。
ただ立ち絵は目パチします。
あとOPムービーはアニメですね。まるでこれからアニメが始まるようなムービーでした。
体験版やればそれくらいの謎は解けたんですけどね。残念。
一枚絵だけでなく立ち絵もアニメっぽいです。まあ、当たり前か、一枚絵と差があったら違和感ばりばりだしね。
この塗り方で思い出すのは『グリグリ』シリーズと『エーデルワイス』シリーズですかね。
でも『ボクピア』は微妙な感じがしましたね。なんでだろ。
あんまりクオリティが高くないっぽく見えるんだよなー。汁がおおい……。いろんなね。
好みじゃないな。



>シナリオ
シナリオの作りもアニメを意識しているのかアイキャッチは挿入されるし、サブタイトルもありました。
共通ルートがあって選択肢によって個別ルートに入り以降選択肢無しのオーソドックスな感じです。
そんなにいちゃいちゃはしてなかった。残念。
あれ? 俺ってバカップルがいいのか?


>さくらルート
あんまり桃井いちごさんの声を聞いたことがないので新鮮。
ノリのイイ性格でかなりおやじ入ってます。
言動も割と下ネタ多し。
Hの時でさえなかなか面白い展開になります。
さくらルートの琴子が可愛すぎる。浮気しそうになります。こういう展開は琴子ルートに入れて欲しかったですね。
計:3シーン

>絢香ルート
この人婦女子百合です!
なんとなく確信にせまりそうなので隠してみました。
桜川未央さんのお姉さんヴォイスは若干違和感があります。
やっぱロリ役じゃないと……。
このルートでは琴子のことがスルーされます。いや、まあ、全部のルートでクローズアップされてたらもう! 琴子大好きーになってしまうがな。
計:3シーン

>琴子ルート
幼馴染み、ツインテール、貧乳、ちんまい、ツンデレ、暴力、純粋、一途、10年の思い……って、いくつ属性もってんだよ!
属性は二つまでだろ!
そんな琴子が可愛くてしかたない。
幼馴染み特有の葛藤を抱え悩む琴子。
まさかあんな展開になるとは!
結構衝撃の展開から物語は動き出しますね。トライアングルもあったりなかったり。
計:3シーン

>瑞樹ルート
隠しヒロイン? だからなのか4人中唯一超展開から始まる。
声優さんの演技が光る。
ただ、このルートが一番泣けるかもしれません。
おすすめです。
『メガネ萌えじゃないボクにも君のメガネはヤバイらしい』
計:2シーン


>中川雄太
言動は下ネタで自爆するが、かなり面白いキャラ。
主人公のナイス突っ込みと彼のボケでアフォで馬鹿な言動が日常を面白くさせる。
BL的展開はない。
ついでに頼りにもならない。
非攻略対象

>松沢奈々
某けいおんを意識しているのか、ヤンキー先生。なかなか面白いキャラです。
非攻略対象

>神木清治郎
主人公と舞子の父親。
かなりはっちゃけた親父。
面白くて頼りになる存在。いつもいいとこを持っていくおいしい人(笑
非攻略対象

>神木舞子
主人公の姉で巫女さん。
たまに四次元的会話をする。
声はそれほど好みじゃないけど、おもしろかわいい。
なんで攻略出来ないんだ!
非攻略対象


>曲
さすが、軽音楽部をテーマにしてるだけあっていいですね。
『未来はきっとShinyDays』が結構いい感じ。


とまあ、こんな感じですかね?
最後に『裸エプロン』を『肌からエピオン』って……。
まさかこんなところでガンダムネタが出てくるとは……。
思わず『ヤツの反応速度を超えろエピオン!』と口走ってしまった。
正確には『遅い! 遅いぞエピオン! 奴の反応速度を超えろ!』ですね。
関係ないけど、ゼロとエピオンのMGを出してください!


なかなか面白かったと思いますよ。
コンプリできたし。
そういえば4人中3人が主人公より1つ上っていう俺のなかでは結構珍しく主人公より年上キャラが多いゲームでしたね。

さて、次はどうしようかな。エンジでした。
あずにゃんをどうにかするゲーム?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)